エコテックス国際共同体

AUTHENICATION METHOD

認証取得について

認証取得までのステップ

エコテックス®スタンダード100の認証は、
大きく分けて、

  • ①書類審査
  • ②分析試験
  • ③訪問監査

により成り立っています。

①書類審査

認証取得の際には、まず認証内容(対象範囲)を決めていただきます。
ご提出いただく詳細な認証内容のリスト情報をもとに、分析費用等のお見積りをいたします。

ご提出いただく物

すべてに必要な書類
申請書(新規申請書)
申請者情報、対象製品、生産場所、製品分類等の特定
原材料リスト
認証対象製品の原料/部材の明確化(天然系は原産国、合繊系はメーカー、購入先、素材、色展開等)
生産フロー
購入された原料から、工程順に生産フローを記載
外注や、複数工場(自社内)が関連する場合、会社名/工場名を記載
試験試料リスト
分析試験用に提出する試料のリスト(品名、品番、素材、色展開、購入先等の一覧)
適合性宣言書
生産される認証対象製品が提出した試料と常に同一であることを保証する宣言書
すべてに必要な書類
構成部材リスト
(最終製品のみ)
製品を構成するパーツ(例:身生地、裏地、芯地、ボタン、品質表示ラベル)
それぞれの商品名、メーカー、購入先、素材、色展開、ベース認証の有無を記載
着色剤リスト
(染料/顔料)
工場別に染料タイプ(反応、分散、酸性等)、メーカー、商品名を記載
助剤/
化学薬品リスト
工場別に用途、メーカー、商品名、購入先をリスト化 ※仕上加工剤は、SDSを添付
仕上剤リスト
仕上加工剤に使用しているものの情報をリスト化
ベース認証書
コピー
対象製品の全部または一部分に既にエコテックス認証済製品(ベース認証品)が用いられる場合、
その認証書のコピーと認証済製品の提出

※ 詳細をお伺いの上、ご説明・アドバイスをさせて頂きますので、お気軽にご相談下さい。

②分析試験

試験項目は、対象製品の素材染色(色)仕上加工に関連する試験に大別されます。

最新の法規制に対応するべく、毎年の技術会議、専門委員会などで見直される規制項目・基準値に基づき試験されます。
(※主な試験対象物質は次ページに記載)

試験試料(サンプル)
認証内容(対象範囲)の中で、できるだけ濃色のもの・加工剤を多く使用したもの
サンプル量
生地の場合、1サンプルあたり約30g かつ面積50cm角以上糸の場合、1サンプルあたり約30g
※詳細はお問合せください。

③訪問監査

訪問監査は、新規認証時と更新3年ごとに実施します。
認証時に提出された各リストにもとづいた現場確認
認証保有者に有益になるよう、認証範囲の最適化などのアドバイスをします。

認証取得

【認証ラベル】画像

認証ラベル

書類審査、分析試験訪問監査に合格すれば、ニッセンケンよりエコテックス®スタンダード100認証書が発行され、
「エコテックス®ラベル」を認証品に付けることができます。

※認証書の有効期間は1年間。1年ごとの更新となっています。