エコテックス国際共同体

INTERVIEW PETIT BATEAU

CEO / Patrick PERGAMENT

vol. 01

企業理念と、商品へのこだわりを
教えてください

プチバトーはフランスで誕生した124年の歴史を持つ企業です。フランス人に最も愛されている企業の一つと言えるでしょう。エッフェル塔のように、ある種国民的なアイコンとして認知されています。プチバトーは創業以来5世代の子どもたちに受け継がれ、フランスの子どもたちはみんなプチバトーの服を着ています。プチバトーにとって非常に重要なのは生地です。なぜなら私たちは生地の柔らかさや品質の高さで知られているからです。そして特筆すべきは、デザインから生産、販売までを一貫して手掛けている数少ないキッズウェアブランドであるということ。同時に珍しいことに私たちはメーカーでもあります。またプチバトーは品質だけでなく、クリエイティビティーもレベルが高いということを忘れてはなりません。私たちは商品、ブランド、広告など多方面で非常によく知られている企業です。

社会貢献や環境に対する取り組みが
あれば教えてください

私たちは子どもたちとの関わり方を非常に大切にしています。子どもたちのクリエイティビティーを高めるような取り組みを多く行っていて、さまざまなプロジェクトに資金を提供しています。その一つが「La Source」というアートプロジェクトです。このプロジェクトでは、アーティストが経済的に困難な状況にある子どもと一緒になってワークショップを行います。私たちはクリエイティビティーやアートを通じて新たな扉を開きたいと思っています。彼らは何か月にもわたり、アーティストと一緒にプロジェクトに取り組みます。それが彼らに新たなチャンスをもたらすのです。最もアバンギャルドな美術館の一つとして知られる仏パリのパレ・ド・トーキョーでも、アーティストや子どもに向けた映画上映会やワークショップを開催しています。そしてこの様子をインターネット上にも載せることで、美術館に足を運ぶ子供たちだけでなく世界中の子どもたちがモノづくりに参加できるようにしています。こうした子ども向けのアクティビティーを開催する一方で、会社として水やエネルギーの消費という部分にも考慮しています。水やエネルギーの消費をコントロールして削減するため、非常に高い基準を設定しています。エコテックス認証の取得もこうした取り組みの一環です。すぐに捨てるような商品ではなく、次世代へと受け継がれる高いクオリティーの商品を作ること。エコテックスはプチバトーのクオリティー戦略の一環として深く根付いているのです。

最初にエコテックス認証を取得
したのは
いつですか?

エコテックスを初めて取得したのは2000年です。認証を取得したかなり初期の頃から、私たちは厳しい基準を自らに課してきました。会社全体がこうした厳しい基準に則って動いています。エコテックスも特に製品分類Ⅰは非常に厳しい基準を設けていますよね。私たちも会社全体がこの基準に沿って長い間動いてきました。エコテックスの基準を達成するためには長い期間が必要です。生産ラインを変えなければなりませんし、化学物質の使い方や、使用する色や染料の種類についても見直す必要があります。エコテックス認証の取得はプロセス全体に関わってきます。

【vol. 01】製品画像

エコテックス認証を取得する上で
一番大変だったのは?

クリエイティビティーとのバランスは大きな挑戦ですね。ディテールや新色開発の際は苦労します。高く厳しい基準を達成するために使えない色も出てきます。同じことの繰り返しや似たようなコレクションにならないために、どうクリエイティブなモノづくりをするかということと同時に、エコテックスや独自の基準をどうクリアするかということも考えなくてはなりません。

こうした難しさをどう乗り越えたのですか?

この難しさを乗り越えるためには、フランス国内に1000人いるプチバトーの生産工程に携わる人たちとのディスカッションを重ね、理解しあうこと。クリエイティブの人たちとも同様に話し合い、高いクオリティーとクリエイティビティーを同時に達成するという最終目標を全員で共有することです。そのためには議論を重ね、解決策を探し、社内の機運を高めることが大事です。他のヨーロッパ企業でこうした難しい目標を達成している企業は少なく、その意味でプチバトーのやり方はユニークと言えるでしょう。

エコテックス認証によって得られた
成果をどのようにとらえていますか?

非常に多くの成果がありますが、大きく言うと2点です。まずは“無害”の証明。赤ちゃんや子どもが直接肌に触れるものであるため“無害”であることは重要です。エコテックス認証があればその無害性を客観的に顧客に説明することができます。これは私たちの顧客にとってはとてもとても重要なことです。
2点目は“透明性”が保証されること。なぜならエコテックス認証を取得しているということは、綿糸からボタンに至るまで、すべてのプロセスがエコテックスの規範に則って生産されているということを意味するからです。メーカーとして全工程をエコテックス認証に沿って管理しているという証になります。
現状ではこうした説明をすべて顧客に伝えることはしていませんが、将来的には私たちがどんな取り組みをしているかといった話を顧客ともしていきたいと考えています。エコテックスの基準に沿うということは、ボタンやジッパーなど私たちが購入する部品についてもエコテックスのルールに則ったものを使用するということです。
ー次回へ続くー

取材協力:WWDジャパン

【vol. 01】PETIT BATEAU